中古ピアノの処分費用と無料で引き取りしてもらう方法

中古ピアノの処分費用と無料で引き取りしてもらう方法

ピアノの処分をお考えの方は、どうやって捨てれば良いのかと、費用がいくらかかるか気になりませんか?
大きな楽器なので、捨てるのに結構なお金がかかるイメージがありますが、実際はどれぐらいの金額が必要なのでしょうか。もちろん、費用はなるべく安く抑えたいですし、出来ることであれば無料で処分したいですよね。

そこで、このページではピアノの処分にかかる具体的な金額と、無料で処分ができるおすすめの方法を紹介していきます。

目次

ピアノの処分方法

ピアノを処分する方法は下記の二通りです。

  • 自治体に依頼する
  • 不用品業者に依頼する

はじめに、自治体に依頼する場合ですが、グランドピアノやアップライトピアノの場合は自治体の環境課や清掃局では処分に対応できないことがほとんどです。
ただし、代わりにピアノの処分ができる「一般廃棄物収集運搬業者」の免許を持った不用品業者を紹介してくれるのでまずは問い合わせをしてみましょう。

不用品業者に依頼をする場合は、以下の流れで処分を行います。

  1. ピアノの処分を電話などで依頼
  2. 不用品業者にピアノの情報を伝え、処分費用を見積もり
  3. 日程を調整し、引き取り

次に、具体的なピアノの処分費用についてお話します。

ピアノの処分費用

お金を見つめる少女

ピアノの処分料金は、処分の方法や依頼をする業者ごとに変わります。処分の料金相場は以下の通りです。

グランドピアノの処分相場
不用品業者: 40,000〜50,000円程度
※自治体の処分は対象外
アップライトピアノの処分相場
不用品業者: 20,000〜30,000円程度
※自治体の処分は対象外
電子ピアノの処分相場
自治体: 2,000円程度
不用品業者: 10,000円程度

グランドピアノやアップライトピアノは、回収や解体の手間がかかるため、自治体の粗大ごみに出せません。不用品業者に依頼する場合、グランドピアノは約4万円〜5万円、アップライトピアノは約2万円〜3万円が、処分にかかる料金相場です。

電子ピアノは、不用品業者に依頼すると約1万円の処分料金が必要となります。
また、電子ピアノの場合は、粗大ごみとして捨てることが可能です。その場合の費用はおおよそ2,000円です。
ただし、粗大ごみとして捨てる場合は、自力で回収場所まで運搬する必要があります。自分や家族だけで運ぶことが困難な場合は、無理せず業者に引き取りを依頼しましょう。

ピアノを無料で処分する方法

腕でゼロを作る女性

無料でピアノを処分するには、以下の3つの方法があります。

  • 友人・知人に引き取ってもらう
  • オークションサイトで販売する
  • 中古ピアノの買取専門業者に売る

それぞれの処分方法について詳しく紹介します。

友人・知人に引き取ってもらい無料で引き取ってもらう

笑いあう二人の女性

友人や知人に引き取ってもらえれば、無料でピアノを処分することができます。
ただし、引き取り先までピアノを運送するのであれば、運送料金がかかります。ピアノの運送にかかる料金相場は、以下の通りです。

ピアノの運送料金相場表

出典:hikkoshizamurai.jp

ここで、注意しなければならないのが、ピアノの設置場所です。家にエレベーターが無く、かつ2階以上の部屋にピアノがある場合などは、次の追加作業が発生します。

  • クレーン作業
  • 手吊り作業

クレーン作業が必要になると、運送料金にプラスして、約1万円〜2万円が加算されます。また、クレーンが入れない狭い道路で搬出する場合は、「手吊り作業」という人の手で運ぶ作業となります。この場合は、約2万円〜3万円の追加料金が加算されます。
設置場所の詳細を運送業者へ伝え、追加作業が発生するかを確認しましょう。

その他、不用品の譲り合いができるアプリで、引き取り先を探すことも可能です。上手くいけば、近所でピアノを欲しがっている人を、見つけることができます。

<近所の人に不用品を譲れるアプリ>

ジモティー

出典:ジモティーのスマホアプリ

オークションサイトを利用して無料で引き取ってもらう

PCでインターネットをする女性

オークションサイトを利用してピアノを売るのも、処分費用がかからない方法です。代表的なオークションサイトを紹介します。

<おすすめのオークションサイト>

ただし、オークションサイトでの取引実績は電子ピアノが多数を占めます。グランドピアノやアップライトピアノは、出品してもあまり入札が付かず、思うように処分が進まない場合があります。
そのため、グランドピアノやアップライトピアノの処分を考えている人には、次に紹介する方法をおすすめします。

ピアノ買取業者に売って処分する

電話をかける女性

グランドピアノやアップライトピアノの処分に最もおすすめなのが、中古ピアノの買取の専門業者に売却する方法です。買取業者に依頼すると、処分費用のかかるピアノを、売却してお金に換えられるからです。
買取業者に買い取ってもらえるのは、以下の種類のピアノです。

  • グランドピアノ
  • アップライトピアノ
  • 電子ピアノ
  • エレクトーン

このように、ほとんどの種類のピアノを買取してくれます。
そのため、お持ちのピアノに価値が無いと決めつけずに、まずはピアノの買取業者へ査定を依頼してみましょう。

おすすめのピアノ買取業者

以下で、おすすめのピアノ買取業者を紹介していきます。

ヤマハピアノサービス

ヤマハピアノサービス

出典:www.yamahapianoservice.co.jp

日本最大のピアノメーカーである、ヤマハの運営するピアノ買取りサービスです。大手メーカーが直で運営しているので安心して買い取り依頼ができます。

河合楽器・中古ピアノ買取

河合楽器・中古ピアノ買取

出典:www.kawaigakki.co.jp

河合楽器が直で運営するピアノ買取サービスです。こちらはカワイ以外のメーカーのピアノも買い取ってくれます。

ピアノリサイクルシステム

ピアノリサイクルシステム

出典:www.p-r-s.jp

全国対応のピアノ買取業者です。電話だけでなく、インターネットからの査定申し込みにも対応しています。

買い取りしてもらえないピアノの種類

手でバツを作る女性

以下の条件に当てはまるピアノは、査定の結果、値段がつかない場合があります。

  • 年式の古いピアノ
  • 酷く損傷しているピアノ

まず、ピアノの製造年式が重要です。グランドピアノとアップライトピアノの場合は、1960年代以前に製造された古いモデルだと、買取金額がつかないことがあります。
電子ピアノの場合は、メーカー保証が約8年となり、これより古いモデルは買い取り拒否とされています。

また、新旧に関わらず、損傷の激しいピアノは査定額がゼロとなります。業者ごとに査定基準が違いますが、内部の水濡れや、火災にあったピアノなどは、買取不可になります。

査定額がゼロだった場合の処分方法

査定額がゼロだった場合の処分方法

査定額がつかなかった場合でも、多くの買取業者が、有料もしくは無料でピアノの処分を請け負ってくれます。
有料になった場合は、運送費用などが主な請求対象となります。近隣の買取業者に依頼した場合、グランドピアノやアップライトピアノで2〜4万円、電子ピアノで1〜2万円ほどが、処分費用としてかかります。

ただし、ピアノの買取業者には、現状で値段の付かないピアノを「リサイクル対象」として、無料で引き取ってくれるところがあります。これが、一般の不用品業者との大きな違いです。
そのため、なるべく多くのピアノ買取業者に査定してもらい、無料で処分してくれる業者を探すことが大切です。

無料で中古ピアノの買取相場を調べる方法

ピアノの買取には、一括査定サービスがおすすめです。複数のピアノ買取業者にまとめて査定依頼ができるので、買取金額の比較だけでなく、処分にかかる費用も比べることができます。

もし、一社に処分費用が数万円かかると言われたとしても、他の業者であれば、無料での引き取りに応じてくれるかもしれません。
一括査定サービスは無料で使うことができるので、ピアノの処分でお悩みの方は、ぜひ利用してみてください。