ピアノ用語集

チューニング・調律とは?
音程を正す作業。ピアノは温湿度の変化、使用状況、設置環境など、時間と共に音程は変化するので、定期的な調律をするかしないかによってピアノの寿命が大きく異なる。年に1回、できれば半年に1回程度の調律をしておくと良いと言われている。平均律(Equal Temperament)と呼ばれる方法で調律する場合が多いが、他に、中全音律(ミーントーン)、ヴェルクマイスター、キルンベルガー、といった古典調律の方法もある。チューニング(調律)は、「調律師」と呼ばれる専門の技術者が行う。

ピアノ用語集目次

【わ行】

ピアノ買取一括査定依頼はこちらから

売却を考えているお手持ちのグランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノなどの買い取り価格を調べたい人はトップページから一括査定の依頼をしてください。
無料で査定相場も調べることができます。

中古ピアノの買取料金と相場を調べる